様々な美容方法を知ってお肌を美しく保っていきましょう

シミ対策をする

皮膚科で処方してもらえるお薬と相場

どんなに頑張って美白ケアをしていても出来てしまうシミ。また、加齢とともに目立ってきてしまうこともあります。特に顔にできてしまったシミは気になってしまいますよね。 そんな時は、お薬に頼ってみるのも一つの方法です。 シミ用のお薬は皮膚科に行くと処方してもらえます。これは、飲み薬と塗り薬があります。 飲み薬はビタミンCや、トラネキサム酸の処方が主で、1ヶ月〜2ヶ月の短期集中で飲む薬です。これは肝斑などの治療にも処方されるもので、シミにも効果があるとされています。 塗り薬はハイドロキノンというもので、このようなものは市販でも取り扱っていますが、処方されたものの方が成分が多く効果が高いとされています。 どの薬も1000円〜1500円ほどの価格が相場となっています。

効果と使用する際の注意点

それぞれの特徴ですが、トラネキサム酸は人工合成されたアミノ酸です。先ほどの書いたように肝斑などの治療にも使用され、高い効果がありますが、長期的な服用は推奨されていません。ですので、1〜2ヶ月の短期集中治療に用いられます。 また、ビタミンC剤と共に処方されることが多く、セットで飲むことで色素沈着の予防やコラーゲンの生成などが期待され、綺麗な肌作りの手助けとなってくれます。 ハイドロキノンは、部分的なシミに効果的です。 使用にはいくつか注意点があり、使用するときは夜寝る前に塗り、朝にあ洗い流して使用します。これは、ハイドロキノンを塗ったまま紫外線を浴びると逆にシミが濃くなってしまうこともあるからです。 また、塗りすぎは白斑の原因にもなりますので必ず量を守りましょう。 処方薬はきちんと使用すればシミ改善に非常に高い効果が期待できます。 正しく利用してシミの無い綺麗な肌を手に入れましょう。